テープ起こし技術者の資格検定試験の内容や難易度、合格率は?

pc42b.jpg

テープ起こし技術者はテープ起こしのスキルを認定する資格です。

一般社団法人音声テキスト化協会が認定する資格です。

音声を文字にするテープ起こしの仕事は、一見誰にでもできそうに思えます。しかし実際は専門知識やテクニックがないと仕事をすることはできません。

そのためテープ起こしには複数の資格検定が設けられています。

今回はテープ起こし技術者とはどのような資格なのかを解説します。検定試験の内容や難易度、合格率を調べたので、在宅ワークの参考にして頂ければと思います。


 テープ起こし技術者とは?


テープ起こしは古くからある人気の在宅ワークです。

仕事は会議やセミナー、スピーチ、議事録、対談、インタビューなどの録音された音声を文章にすることです。近年は動画の音声を文字に起こす仕事も増えています。

一見誰にでもできそうですが、実は専門スキルが必要です。

テープ起こしには「ケバ取り」「サマリー」「新聞表記」「速記表記」などのテクニックが求められるため、何の勉強もせずに仕事をすることはできません。

テープ起こしのスキルを認定するために、幾つかの民間資格が存在します。

テープ起こし技術者もその一つです。

これは一般社団法人音声テキスト化協会が主催する検定試験です。

同協会の講座は経済産業省の全国中小企業団体中央会「平成25年度 ものづくり・商業・サービス革新事業」として補助金を受けて設立されたものです。

信頼性が高いテープ起こし資格の一つとなっています。


 デジタル社会に対応したテープ起こし資格


テープ起こしの仕事は数ある在宅ワークの中でも歴史があります。

日本では明治維新後に日本語速記法が作られ、1882年に最初の講習会が開かれました。その後、1890年の第1回帝国議会で速記者による議事の記録が採用されます。

やがてその流れが官公庁や地方自治体、民間企業に普及していくことになります。

1940年代にテープレコーダーが登場すると、本格的なテープ起こし業が始まります。ここから数えても、テープ起こしには80年の歴史があることになります。

ただ20世紀後半の技術革新により、テープ起こしも急激に変化しました。高品質なデジタル録音機器、パソコン、インターネットが活用されるようになったのです。

テープ起こし技術者は、この新時代におけるテープ起こし技能を認定する資格です。

ICT時代における人と社会に貢献することを目的に設立されました。

テープ起こしの資格は幾つかありますが、テープ起こし技術者は現代的な資格検定と言えます。デジタル化に対応したテープ起こし技能を習得できるのが、大きな特徴です。


 テープ起こし技術者資格の基本情報


・認定団体:一般社団法人音声テキスト化協会
・資格区分:民間資格
・受験資格:協会認定の「テープ起こし講座」受講(未経験者の場合)
      テープ起こし経験者は講座を受講することなく受験可能
・試験日時:随時
・試験場所:在宅
・試験形式:インターネット経由で実施
・合格基準:80%以上の得点で合格
・受験費用:6,000円(税別/2回まで受験可能)

テープ起こし技術者の資格検定で注意したいのが、受験資格です。

テープ起こし未経験者の場合は、協会が指定する「テープ起こし講座」で学習する必要があります。仕事をする上で必要な知識や技能を、講座で身につけるのです。

テープ起こし経験者の場合、受講は免除されてすぐに受験できます。

未経験なのに経験者と嘘をついて受験しても、試験に合格することはできないでしょう。未経験者は講座で学習し、専門知識や技能を習得するようにしてください。

試験は在宅でインターネット受験になります。

デジタル化に対応した資格らしい検定方法ですね。

当然ながら受験にはインターネット環境や、基本的なパソコンスキルが求められます。パソコンの操作は仕事でも必要になるため、今のうちに慣れておきましょう。

試験は「基本問題」「知識問題」「実技問題」の3つから構成されています。

全体の80%以上の得点で合格となります。


 資格取得の流れ


1、協会認定の「テープ起こし講座」を受講

2、仕事に必要な知識や技能を習得

3、自宅でインターネットを使って受験

4、80%以上の得点で合格

確実に合格を目指すなら、「テープ起こし講座」で学ぶのがおすすめです。

検定試験の内容や仕様は、全て「テープ起こし講座」で学習できます。音声データの書き起こし訓練も行える、実践的なカリキュラムになっています。

資格を取得してボイテックスメンバーズに加入すれば、「テープ起こし仕事情報サイト」が利用できるようになります。仕事を探すのにとても便利です。

資格取得後の就業サポートまで用意されているのは、ありがたいですね。


 試験内容との難易度、合格率


テープ起こし技術者資格の難易度と合格率は

 テープ起こし技術者の試験内容


・基本問題(15分):テープ起こしの基本的な知識を審査
・知識問題(30分):作業に必要な表記などの知識や技術を審査
・実技問題(30分):音声データを仕様に従って文章化する

テープ起こし技術者の資格検定は、上記の3本柱から成り立っています。

テープ起こしの仕事や技術の基礎知識を問う「基本問題」。具体的に仕事をする上で求められる知識や技術を問う「知識問題」。そして実際の仕事を想定した「実技問題」です。

他にも一般常識や職業倫理といったことも試験では審査されます。

問題のダウンロードや解答は、インターネットを通して行われます。申し込みをすれば試験はいつでも受験できます。土日や空き時間を利用して受験してください。

試験時間は90分となっています。


 テープ起こし技術者の難易度と合格率


テープ起こし技術者は2016年に誕生した新しい資格です。

そのため合格率は現在のところ非公表となっています。

ただ難易度に関しては、格別に高いわけではありません。

というのもこの検定試験は「テープ起こし講座」の内容から出題されます。テープ起こし講座のカリキュラムを全て修了していれば、さほど難しくはないはずです。

公式サイトでも合格への近道として、「テープ起こし講座」での学習を挙げています。

確実に合格を目指すなら、「テープ起こし講座」での学習を検討してください。

ちなみにテープ起こしの未経験者は、受験条件として講座での学習が求められています。テープ起こし経験者も、受講してから検定試験を受けた方が無難です。


 テープ起こし講座とは?


テープ起こし技術者の資格検定は、「テープ起こし講座」から出題されます。

テープ起こし未経験者は、受験に際して講座での学習が必須となっています。経験者は必須ではありませんが、合格を確実にしたい方は受講するといいでしょう。

講座は「通学講座」と「通信講座」の2種類があります。

・通学講座:認定を受けたパソコン教室で学習
・通信講座:認定を受けた通信教育事業者で学習


通学で学ぶ場合は、一般社団法人音声テキスト化協会が認定したパソコンスクールで学習します。認定を受けたパソコン教室で受講の申し込みを行います。

通信講座なら学習~資格取得まで、在宅で完結するので便利です。通信講座を開講している資格スクールに申し込み、インターネットを活用しての受講になります。

「それで具体的にどこで受講できるの?」

調べてみたところ、ヒューマンアカデミーが対応しています。

ヒューマンアカデミーは35年以上の歴史と142万人もの修了生を誇る、国内最大手の資格スクールです。知名度の高い教育機関なので、知らない人はいないでしょう。

ヒューマンアカデミーの「ビジネス資格」カテゴリに『テープ起こし講座』があります。


 テープ起こし講座の基本情報


・スクール:ヒューマンアカデミー
・学習形態:通信講座
・カテゴリ:ビジネス資格/在宅ワーク
・認定団体:一般社団法人音声テキスト化協会
・学習期間:標準6ヶ月(在籍期間12ヶ月)
・添削回数:7回
・対応資格:テープ起こし技術者
・サポート:受講期間の無料延長、スキルアップ実習、副業セミナー
・受講費用:58,320円

ヒューマンアカデミーの講座は音声テキスト化協会の認定を受けています。

検定試験は講座のカリキュラムに基づいて出題されます。

講座で学習することが、合格への近道となっています。

学習期間は標準で6ヶ月となっていますが、在籍期間は1年間が確保されています。さらに無料で受講期間を延長できる制度も用意されています。

テープ起こし未経験者や、仕事や家事で忙しい方も、マイペースに学習できます。

講座では音声テキスト化協会の全面協力で、実践型のプログラムが付いています。書き起こしのコツやIT活用、在宅ワークの心構えなど、プロに必要な知識と技能が学べます。

また無料で参加できる副業セミナーも開催しています。

仕事のやり方やプレゼン方法、確定申告や契約書の書き方といったことが学べます。

単に資格を取るだけでなく、就業まで視野に入れた学習ができます。


 テープ起こし技術者の資格を取ろう!


テープ起こしの仕事をするのに、資格は必ずしも必要ありません。テープ起こし技術者は民間資格のため、資格を持っていなくても仕事をすることが可能です。

ただテープ起こしの仕事は実務能力が重視されます。

専門知識やスキルが必要とされるため、学習をせずに仕事はできません。

資格を持っていると知識や技能の社会的証明になるので、仕事を得やすくなります。勉強をするついでに資格取得を目指すといいでしょう。

ヒューマンアカデミーの通信講座なら、在宅で学習~資格取得ができます。さらに就業サポートも付いており、資格取得後はスムーズに仕事を始められます。

ヒューマンアカデミーの『テープ起こし講座』は、音声テキスト化協会の認定講座です。教材やカリキュラムの質には定評があり、未経験からでも安心して学習を始めることができます。

テープ起こしの資格を取りたい方は、ぜひ受講を検討してください。

ヒューマンアカデミーの『テープ起こし講座』は「ビジネス資格」のカテゴリにあります。さらに「在宅ワーク」のカテゴリにも掲載されています。

講座の詳細は、下記の公式サイトや無料の資料請求でご確認ください。


ネットで稼いだ総額

ネットでお金を稼ぐ方法
2022年4月までの収入
1329万2167円

管理人のイチオシ!

◆ モッピー ◆
毎月50万円以上稼ぐ人もいる!
業界No.1の人気ポイントサイト
▼▼無料会員登録はこちら▼▼
累計会員数900万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!

人気のお小遣いサイト

◆ ちょびリッチ ◆
賞金80万円のイベントを開催中。無料登録後、1pt獲得で250円もらえる
▼▼無料会員登録はこちら▼▼
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ



◆ ワラウ ◆
運営歴22年を誇る人気サイト。今なら新規入会特典で最大300円もらえる
▼▼無料会員登録はこちら▼▼
ポイ活ならワラウ

高収入が稼げるサイト

◆ A8.net ◆
1ヶ月で1,000万円以上稼ぐ会員も!
11年連続で満足度No.1のサービス
▼▼無料会員登録はこちら▼▼

検索フォーム